今季、国内フリーエージェント(FA)権を取得したヤクルトの小川泰弘投手(30)が4日、権利を行使することを発表した。この日、神宮外苑で練習を行った小川が交渉を担当する球団幹部に直接、その意思を伝えたという。

 小川は球団を通じて「残留するにしてもしないにしても、納得して来年以降の野球人生につなげたい。思いっきり野球をするために、今しっかり悩むことが一つの財産になると思います」とコメントした。

 球団サイドはこれまで数回以上の交渉を行う中で4年で総額7億5000万円の提示をしており、宣言残留も認める姿勢を示している。また小川が宣言した場合は条件の変更の可能性も示唆していた。