ソフトバンクは13日、栗原陵矢外野手(25)が佐賀市内の病院で「左膝関節前十字靱帯再建術および左膝関節外側半月板縫合術」を受けたと発表した。競技復帰まで約7~9か月を要する見込みで、今季中の復帰は絶望的とみられる。

 栗原は開幕5戦目の3月30日・ロッテ戦(ペイペイ)の守備中に負傷。左翼手として左中間へ上がった飛球を追って中堅手の上林と不運な形で交錯。受け身が取れない形で激しく転倒して患部を痛め、左膝前十字靱帯断裂などの疑いと診断され、今月1日からリハビリ組に合流していた。

 負傷から2日後にリハビリをスタートさせた際には球団広報を通じて「リハビリ組になってしまいましたが、一日も早くケガを治して、一日も早く戦列に戻ってきたいです」とコメントを寄せ、持ち前の明るさを失わず再起を誓っていた。