女子プロレス「LLPW―Ⅹ」は4日、昨年9月に死去した元プロレスラーの風間ルミさん(本名斉藤ルミエ=享年55)の追悼イベント「風間祭り(祀り)」(3月15日、東京・後楽園ホール)の第2弾カードを発表した。

 新たに天龍源一郎率いる「天龍プロジェクト」の提供試合として、佐藤耕平、河野真幸、TORU組対佐藤光留、矢野啓太、拳剛組の6人タッグ戦が決定。

 コメントを出した天龍は「思い返せば、WARを旗揚げして深く長い付き合いをしてくれました。ミックスドマッチはいつもバラエティーに富んだWARとLL(PW)らしさが全面に出た試合だったし、地方のちっちゃな会場でいつもお客さんを盛り上げてくれました。私の記念試合にも二つ返事で復帰をしてくれました。気風がよくて、情にも厚く、頑張り屋だった彼女との付き合いは楽しかった記憶があります。酒席でもいつも明るく、思い出すのは笑顔ばかりです」と親交が深かった風間さんとの思い出を振り返った。

 その上で「そんな風間がまたつないでくれた縁だなと思っています。風間をみんなでしのんで、こんなにプロレス界に貢献したプロレスラーがいたんだということを忘れない日にしましょう!」と呼びかけた。

 神取は「風間は天龍さんから人としての生き方、そしてプロレスのさまざまなことを学んだといろんな機会に話していました。大の祭り好きだった彼女をにぎやかに送り出す最高の対戦カードです」と感謝のコメントを出した。