【競泳】目標届かず悔しがる池江に西崎コーチ「第2の水泳人生がスタートしてからのタイムがベスト」

2021年02月20日 21時50分

レースを終え苦しそうな表情の池江璃花子(代表撮影)

 競泳の東京都オープン初日(20日、東京・辰巳国際水泳場)、女子100メートルバタフライ決勝で白血病からの完全復活を目指す池江璃花子(20=ルネサンス)が59秒44で3位に入った。

 池江は目標タイム59秒3に届かなかったが、西崎勇コーチは「第2の水泳人生がスタートしてからのタイムがベスト。焦らず行こうと言い続けている。決勝後は『悔しさもあるかもしれないけどベストだから』という話をした」と振り返る。

 復帰5戦目でのバタフライ〝解禁〟。西崎コーチは「(練習再開後)初めてバタフライの泳ぎを見たとき正直、普通に泳げるまで2年くらいかかるかなという印象だった」と話しつつ、好タイムを記録した池江を「59秒4で泳げているんだから上出来」とねぎらった。

 今後は東京五輪の代表選考会を兼ねた4月の日本選手権(東京アクアティクスセンター)での出場種目が気になるところだが、西崎コーチは「まだ決めていない」と強調する。

 同選手権では、すでに参加標準記録を突破している100メートル自由形との両立が可能か体調を考慮する必要がある。そのため「(今大会の)2日後、3日後の体の状態も含めて。今日、明日(50メートルバタフライ)の感覚で判断するのではなく、いい意味でどうダメージが来るのか。どうやってフリー(自由形)につなげられるかを分析して決めていきたい」と語った。

関連タグ: