【CMEツアー選手権】畑岡奈紗は75と落として50位に後退

2020年12月20日 10時25分

畑岡奈紗(ロイター=USA-TODAY)

【フロリダ州ネープルズ19日(日本時間20日)発】ゴルフの米女子ツアー今季最終戦「CMEツアー選手権」(ティブロンGC=パー72)3日目、畑岡奈紗(21=アビームコンサルティング)は3バーディー、4ボギーと1ダブルボギーの75とスコアを落とし、通算2オーバーで28位から50位に順位を落とした。67で回り、通算13アンダーとした金世煐(27=韓国)が1打差の首位。

「アイアンの距離が合わなかった」と話した畑岡はこの日フェアウエーを外したのが1度だけながら、パーオン率は61%(11ホール)。15番パー4では2打目を深いラフに入れ、3打目もミスするなどしてダブルボギーを叩いた。

 2020年最後のラウンドとなる最終日は、少しでも来年につながるプレーをしたい。