【ツアー選手権リコー杯】三ヶ島かなが6アンダー5位「やっとパズルみたいにかみ合ってきた」

2020年11月27日 23時49分

大会ダークホースに躍り出た三ヶ島かな

 女子ゴルフの国内メジャー「JLPGAツアー選手権リコー杯」2日目(27日、宮崎・宮崎CC=パー72)、三ヶ島かな(24=ランテック)が69をマークし、首位に3打差の6アンダー、5位と好位置につけた。

 初日、2日目とスコアは同じ69だったが「内容は全然違います。ゴルフって面白いなと思いました」。

 ピンチをしのぎながらのラウンドとなった初日とは一転し、ショットが好調。「いろんな人にアドバイスをもらって、それがやっとパズルみたいにかみ合ってきた感じ。先週『これかもしれない』と思ったものが確信に変わってきたかもしれません」と手応えを口にした。

 首位には国内メジャー2連勝がかかる原英莉花、2打差の2位にツアー3連勝を狙う古江彩佳、渋野日向子らが並び、8位タイまでの上位9人でツアー優勝の経験がないのは三ヶ島だけ。

「自分のことで精いっぱいで、メジャーの優勝争いという実感はありません」と無欲だが、実力者がひしめく中でダークホース的存在になりそうだ。