【東京五輪】マラソン・札幌テスト大会は〝密対策〟770人態勢 300人増員で自粛呼びかけ

2021年05月04日 19時49分

記者会見した東京五輪・パラリンピック組織委の森泰夫大会運営局次長(代表撮影)

 東京五輪マラソンのテストイベント「北海道・札幌マラソンフェスティバル2021」(5日)が、新型コロナウイルス感染予防対策の徹底で乗り切る構えだ。

 国内は感染拡大の真っただ中だけに、地元札幌でも今回のイベントを不安視する声が上がっているが、4日に会見に臨んだ森泰夫大会運営局次長は「こういう状況で不安になる気持ちは十分承知しながら、さまざまな対策を講じて少しでも安心していただけるようにしたい。ご理解いただければと思います」と語った。

 これまでも沿道での観戦自粛の呼びかけは行ってきたが、本番では人が集まるケースも想定される。森局次長は「観戦を自粛していただきたいが、人が集まり密になる場面では注意する声かけをさせていただきたい」。その人員も300人ほど増員して約770人態勢で配置していく。

 また海外からの参加選手や大会を視察する世界陸連のセバスチャン・コー会長らには特に厳重な措置が取られるという。森局次長は「出国時のPCR検査、入国時の検査を行い、滞在中はも毎日スクリーニングテストをする。公共交通機関も使わず、厳格な行動管理をしていく」と強調した。

 大会を運営していく上で関係者には一般的なコロナ対策を徹底しているが、今回の大会は何ごともなく終えることができるのか…。支障を来すようなことが起きれば、東京五輪への不安をさらに増大させる結果となりかねない。

関連タグ: