JOCは〝のんき〟過ぎ? 「森失言騒動」選手強化常任委員会で話題に上がらず

2021年02月04日 20時08分

渦中の森喜朗会長(代表撮影)

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)が女性蔑視発言をした問題について、日本オリンピック委員会(JOC)はどう考えているのか。

 森氏は4日に会見を行い、謝罪はしたものの辞任はしないと発言。これが海外メディアで続々と報じられるなど、世界的な広がりを見せている。

 JOCでは同日、選手強化常任委員会を開いており、当然この話題について触れられると思われた。だが、会議終了後にメディアに対応した強化部の笠原健司部長は「(その話題は)会議では全く出なかった」と一言。

 森氏の発言で、五輪の開催に関しても世間からの逆風がますます強まる中「選手を強化する」という観点から、全く影響がないとは言えないはずだが…。

 この問題にあえて触れないようにしたのか定かではないが、渦中にあるはずのJOCの〝のんきさ〟がどこか見え隠れした形だ。

関連タグ: