【欧州CL】ドルトムントが逆転勝利 2ゴール1アシストのハーランドがエムバペの記録に迫る

2021年02月18日 11時15分

2ゴール1アシストを決めたハーランド(ロイター)

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第1戦(17日=日本時間18日)、ドルトムント(ドイツ)は敵地でセビリア(スペイン)に3―2で逆転勝ちした。

 前半7分にFWスソ(27)にゴールを奪われるも、19分にダフードがミドルシュートを決めて同点とし、27分にはノルウェー代表FWエーリングブラウト・ハーランド(20)が左足ボレーで加点。さらに43分にはマルコ・ロイスからのパスを受けて、左足で流し込んだ。ハーランドは同点弾をアシストしており、2ゴール1アシストと全ゴールに絡む活躍で勝利に貢献。CL得点ランキングも8得点とし、単独トップに立った。

 欧州CLの公式ホームページによると、ハーランドは20歳の選手として歴代2位となる通算18得点をマークし、FWキリアン・エムバぺが持つ19得点に迫ったという。誕生日が7月21日とあって第2戦を含めて記録更新への期待は高まっている。ちなみに3位はFWカリム・ベンゼマで12得点、4位はFWパトリック・クライファートの9得点、5位は8得点でFWリオネル・メッシらが並んでいる。

 ハーランドは試合について「モチベーションや情熱などにかかっていると言えるかはわかりませんが、今日はとても良かったです。与えた2ゴールは良くなかったですが、3つのアウェーゴールを決めたのは良かったです」と振り返ったが、ビッグクラブが獲得を狙うストライカーの快進撃は続きそうだ。

関連タグ: