FW三浦知良がJFL鈴鹿入団へ “スター流出”で「困るのはJリーグ」の声

2022年01月11日 06時15分

Jリーグを支えてきたカズ(東スポWeb)
Jリーグを支えてきたカズ(東スポWeb)

 キング・カズこと元日本代表FW三浦知良(54)がJFL鈴鹿ポイントゲッターズへの移籍が決定的となったことにJリーグが困惑しそうだ。

 Jクラブ関係者は鈴鹿への移籍が確実なカズについて「これまでJリーグは老若男女を問わず全国的な知名度のあるカズさんを使っていろんなプロモーション活動をしていたでしょ。それがJFLに行くと、できなくなるから。カズさんに移籍されて困るのはJリーグじゃないの」とし〝カズ流出〟による影響を懸念していた。

 カズは元日本代表エースとして活躍。これまで国内外で数々の伝説を残しており、Jリーグでは広報活動の一環としてカズ単体ではないもののクリアファイルなどリーグ製作のグッズに〝キング〟を活用。また、リーグ開幕前の恒例イベント「キックオフカンファレス」では、主役級の待遇でリーグのPRにもひと役買っていた。

 しかし、実質4部となるJFLはプロとなるJリーグの管轄外となり、これまでのように〝宣伝〟でカズに頼ることはできなくなる。同関係者は「Jリーグの人気も落ちているみたいだしね。カズさんなら、何かあればテレビでもすぐに取り上げてもらえたけど、Jの全体的で見ていくと、露出は減るかもしれない」と訴えていた。

 もちろん、Jリーグにはカズ以外にもスター選手が在籍。J1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタやFC東京に復帰した日本代表DF長友佑都、J2に降格した横浜FCの元日本代表MF中村俊輔らスター選手が控えており、今後リーグのPR活動については大きな支障はないとみられている。

 それでもJリーグが創設された1993年から現役を続けているカズの存在は大きく、JFLへの移籍はJリーグにも少なからず影響を及ぼしそうだ。

関連タグ: