【J1】柏・ネルシーニョ監督がキング・カズを絶賛「彼の存在は横浜FC、日本サッカーにとって非常に意味のあるもの」

2020年09月30日 17時23分

最年長出場記録を更新したカズ

 J1柏のネルシーニョ監督がキング・カズこと元日本代表FW三浦知良(53)の偉業を絶賛した。

 カズは23日の川崎戦(等々力)に今季初先発し、2012年にFW中山雅史(当時札幌)がマークした45歳2か月1日のJ1最年長出場記録を53歳6か月28日に更新した。

 ネルシーニョ監督(70)は、指導者として2年間カズのプレーを直接目の当たりにしており、30日のオンライン取材では「初めてカズと一緒に仕事をしたときのことを思い返すと、そのころから非常に目的意識を強く持った努力家で、限界を知らない男。本当に目的に向かって真っすぐ突き進む印象を持っていた」と当時を振り返った。

 また、50歳を超えてもピッチに立ち続ける姿については「彼の存在っていうのは、言うまでもなく横浜FC、そして日本サッカーにとって非常に意味のあるものだと思う。今も高いプロ意識を持って、年齢こそ重ねているが、まだまだJ1で十分やれる選手だと思うし、彼のような選手の活躍、彼ほどのキャリアがある選手が現場で頑張っている姿は、若手にも非常にいい刺激になる」と敬意を示した。