降格なしでエキサイティング J再開後の楽しみ方

2020年05月28日 16時40分

前園真聖氏

【ゾノの焦点! 前園真聖】いよいよJリーグが再開に向けて動きだしました。6月27日か7月4日に再スタートし、当面は無観客で行われる予定ですが、普段とは違った雰囲気の試合になるかも知れません。

 ひと足先に再開したドイツリーグも無観客で行われています。ただ、試合を見ると、選手たちは何かやりにくそう。特にベンチからの指示が敵味方関係なく、全員に聞こえるため、選手たちが戸惑うシーンも見られました。それと、普段あるサポーターの声援という後押しがないため、選手は本来の力が出せていないように感じました。もちろん、全力でパフォーマンスしていますし、手を抜いているわけではありません。選手というのはファンからの声援を受けることでモチベーションが高まり、パワーアップ。プレーにも好影響を与えるものなので、その差があったと思います。

 しかし、Jリーグにおいてはマイナス面だけではありません。今季は降格なしとなったことが好影響を与えるからです。普段は2部落ちしないために守備的な戦いをしていたチームも攻撃的に出てくるでしょうし、選手、チームも失敗を恐れずにトライするはず。さらに若手の積極起用も活発化するとみられ、例年よりもお互いが攻め合うエキサイティングな戦いが展開されるのは間違いありません。

 本当はスタジアムで試合観戦できる日が来るのが、一番望まれていることですが、まずは再始動に注目したいですね。
 

(元日本代表MF)