浦和のフルラッピングバス4日から運行「日頃の生活でレッズを楽しんで」

2020年04月03日 20時29分

浦和のフルラッピングバス(浦和レッズ提供)
浦和のフルラッピングバス(浦和レッズ提供)

 J1浦和は、フルラッピングバス「REDS WONDERLAND号」の運行を4日から開始する。

 国際興業株式会社と株式会社SPDセキュリA社の協力のもと、外装には「サッカーのまち 浦和」の文字がデザインされており、内装には浦和イレブンの輝かしい活躍を振り返る写真が座席や天井に貼られている。2013年に株式会社SPDセキュリA社の協力で外装をラッピングしたバスを運行させたことはあるが、フルラッピングバスの運行は今回が初めてとなる。

 浦和の立花洋一社長は「ホームタウンの皆さんや浦和レッズのファン・サポーターの皆さんに、日頃の生活の中で浦和レッズを感じて楽しんでいただけますと幸いです」とコメントした。

 本来であれば、4日のホームでのC大阪戦で観客がラッピングバスを利用して埼玉スタジアムに足を運ぶ予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で試合は延期に。それでも、一般路線(浦和駅西口バス停に終着する路線)での運行は行われるため、浦和の街で「REDS WONDERLAND号」に乗車することは可能となっている。