超異例! 青森山田の選手権“圧倒V”を海外メディアも報道「MF松木玖生が決めた!」

2022年01月12日 16時48分

逸材の松木(東スポWeb)
逸材の松木(東スポWeb)

 全国高校サッカー選手権で圧倒的な優勝を果たした青森山田(青森)の強さが、海外でも大きな話題を呼んでいる。

 青森山田は10日の決勝で大津(熊本)に4―0。相手のシュート0本に抑える歴史的な圧勝劇だった。あまりの実力差が一部で物議を醸したが、海外でもそのすさまじい強さに異例の注目が集まっている。

 マレーシアメディア「ワンフットボール」は「2021年、青森山田高等学校が高校サッカー界で最高峰の全国選手権を制覇!」としたうえで「その学校の卒業生であるJリーグの選手たちもほとんどが成功している!」とMF柴崎岳(レガネス)やDF室屋成(ハノーバー)など日本代表クラスの大物選手を多数輩出していることも指摘した。

 また、米スポーツ専門放送局「ESPN」は準決勝の高川学園戦に注目して「10番でキャプテンのMF松木玖生が決めた! 彼の次のシーズンはFC東京でプロとなる」と報道。今大会の主役として大きな話題を呼び、大会4得点で前評判に違わぬ大活躍を見せた松木のプレーぶりや、入団するFC東京での今後にも期待を寄せた。

 海外メディアが日本の高校サッカーを報じるのは異例のこと。まさに〝世界基準〟の最強軍団と言えそうだ。

関連タグ: