【ノア】桜庭 拳王の蛮行に怒!「緊迫感のある技を出す」6日ナショナル王座挑戦

2020年12月04日 20時20分

調印式で拳王(上)のフットスタンプを食らってしまった桜庭

 これが〝殺気スイッチ〟となるのか。6日のノア国立代々木競技場・第2体育館大会で争われるGHCナショナル選手権の調印式が4日、都内で行われ、王者・拳王(35)と挑戦者の桜庭和志(51)が出席するも、大荒れの展開となった。

 王者はこの日も「今の桜庭和志には緊張感、殺気が全くねえよな」と挑戦者を挑発すると、続けて「明後日は殺伐とした桜庭を出した上で倒したいと思う」と宣言した。

 これに桜庭は「昔から試合中に笑顔なども見せていた。そこを突っ込まれてもどうかな」と反論。さらに「拳王の印象? 怖いですね。試合を楽しみたいので、あまり怒らないでください」と答える。

 ここで王者から「ナメてんのか?」と怒りをあらわにされても、ひょうひょうとしたリアクションに終始。ブチ切れモードに突入した拳王にベルトで殴打され、ダウンしたところにテーブル上からのP.F.S(プロフェッショナル・フット・スタンプ)を食らい悶絶してしまう。

 満足げにその場を後にした拳王に対し、グロッギー状態の桜庭はスタッフの肩を借り控室へ。かねて王者の挑発に不快感を示し「(6日は)緊迫感のある技を出す」と予告していたIQレスラーは、この日の蛮行にどう応えるか。