【ノア】潮崎 GHCヘビー級が最高峰だと証明する

2020年03月10日 16時35分

藤田戦への意気込みを語った潮崎

 敵は挑戦者だけじゃない。ノアのGHCヘビー級王者・潮崎豪(38)が、“野獣”藤田和之(49)とのV1戦(29日、東京・後楽園ホール)でベルトの位置づけを明示する。

 本来は8日に予定されていた横浜文化体育館大会で藤田の挑戦を受けるはずだったが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により大会そのものが中止に。スライドされた29日大会では、4大GHC戦のみの4試合だけが行われることになった。

 9日の会見で潮崎は「(横浜大会中止の)無念を晴らす試合を後楽園で見せたい。こういう状況だからこそ、これから先の明るいものを見せていきたい」と拳を握った。意識するのがナショナル選手権だ。昨年11月に初代王者となった杉浦貴(49)がすでに3度の防衛に成功。新たな世界観で注目を集めており、29日はジュニアヘビー級の田中稔(47)をV4戦で迎え撃つ。

 潮崎は「ナショナルのベルトがノアを面白くしているのは事実だと思うし、否定するつもりは全くない」と認めた上で「今回はタイトル戦だけだから、比べられるっていうのはあると思う。ただ、最高峰は言うまでもなくGHC(ヘビー)ですから。今回はノアを守る戦いで藤田に集中しているけど、同時に戦いぶりでこのベルトが最高峰なんだというのも改めて証明しないといけないでしょうね」と表情を引き締めた。「アイ・アム・ノア」を標榜する豪腕にとって、真価が問われる一戦になりそうだ。