【新日本】鷹木信悟が新型コロナから回復 予定通り9月5日メットライフドームの防衛戦出場へ

2021年08月30日 13時42分

鷹木信悟が予定通り9月5日の防衛戦に出場
鷹木信悟が予定通り9月5日の防衛戦に出場

 新日本プロレスは30日、新型コロナウイルスに感染していたIWGP世界ヘビー級王者の鷹木信悟(38)が9月5日埼玉・メットライフドーム大会でのEVILとのV2戦に予定通り出場することを発表した。

 鷹木は15日の静岡大会前に発熱症状が見られ欠場。帰京後のPCR検査で陽性判定を受けた。このため16日後楽園大会以降の大会を欠場してきたが、医師からのゴーサインが出たため復帰と予定通りの王座戦出場が決定した。鷹木は自身のツイッターを更新し「待たせたな」と、敬愛するスティーブン・セガールの吹き替えを担当する大塚明夫のような第一声で復帰へ闘志を燃やした。

 鷹木と同時期に新型コロナに感染していたBUSHIも、9月4日メットライフドーム大会で鷹木とともに復帰。ヒロムとのタッグでロビー・イーグルス、タイガーマスク組と激突する。
 またメットライフドーム大会2日目の5日大会では、ジュニアタッグリーグ覇者のエル・デスペラード、金丸義信組がIWGPジュニアタッグ王者の石森太二、エル・ファンタズモ組に挑戦することも合わせて発表された。

関連タグ:

ピックアップ