【DDT】KOD制覇の竹下幸之介はKO―D無差別級王座奪取に自信「外敵・秋山から取り戻す」

2021年07月05日 17時18分

一夜明け会見に臨んだ竹下
一夜明け会見に臨んだ竹下

 DDTのシングルトーナメント「KING OF DDT 2021」を制した竹下幸之介(26)が5日、決勝から一夜明けて会見に臨みKO―D無差別級王座奪取へ自信をみなぎらせた。

 4日の後楽園大会では準決勝で佐々木大輔、決勝で火野裕士と連続撃破。2019年以来の優勝を勝ち取り「業界トップ級化け物レスラーである火野選手から完全な3カウントを取れたのは、それだけフィジカル、メンタル、そして運、勢い、全てで整っているからこそだと思います。決して偶然ではなく、必然で今の竹下幸之介だからこそ優勝できたと思います」と力強く話した。

 次なる標的はもちろん、真夏のビッグマッチ「WRESTLE PETER PAN 2021」(8月21日、神奈川・富士通スタジアム川崎)での挑戦が決まったKO―D無差別級王者の秋山準(51)の首だ。昨年11月、12月とシングルで激突し連敗して、一時は不調のトンネルにも入るハメになった因縁の相手だが「今でも外敵だと思っている。倒さなければならない相手で『DDTにベルトを取り戻す』という気持ちでいます」とリベンジを誓う。さらに今年2月から続く〝秋山政権〟に「(最初は)新鮮だったんじゃないかと思います。だから話題にもなったと思うし。いろんな新鮮なマッチアップがあったし、まだ見たい組み合わせもあると思う。でももう、それはタイトルマッチじゃなくていいでしょう」と〝賞味期限〟が近いとしてタイトル奪取に力をこめた。

 勢いに乗る若武者が、三度目の正直で秋山を撃破できるか。

関連タグ:

ピックアップ