【全日本】ヨシタツ 令和のマムシになる!

2020年05月12日 16時35分

ヨシタツは特製マスクに除菌スプレーを吹きかけた

 全日本プロレスのヨシタツ(42)が、“令和のマムシ”になる。NHK大河ドラマ「麒麟がくる」は10日放送回で序盤のクライマックスを迎えた。“美濃のマムシ”こと斎藤道三とその息子、義龍(よしたつ)が戦った1556年の「長良川の戦い」が舞台。俳優の本木雅弘(54)の怪演で注目された道三がこの回で最期を迎え、世間は「道三ロス」なる言葉が生まれる事態となっている。

 その息子と同じ名のヨシタツだが、実は斎藤氏が礎を築いた岐阜県出身で実家はその居城・稲葉山城の近隣だ。「実家がお城のふもとなんで、小学校のころからよく登っていましたよ。岐阜の英雄がこうして注目を集めるのは、自分としてもすごくうれしい。しかも同じ“よしたつ”なんで」

 また、「麒麟がくる」は新型コロナウイルス禍の影響で収録が休止になるなどアクシデントに見舞われているが「代わりにこちらのヨシタツが、全日本マットで大河ドラマを描きますから安心してください。岐阜の皆さんにも元気を届けたいし、道三ロスはヨシタツが埋めます」と拳を握った。狙うは宿敵の諏訪魔(43)が持つ3冠ヘビー級と世界タッグ王座。マムシのように食いつく。