獣神サンダー・ライガー

獣神サンダー・ライガー

1989年4月24日、漫画家の永井豪宅で誕生。同日の新日本プロレス東京ドーム大会(対小林邦昭)で獣神ライガーとしてデビュー。同年5月25日にIWGPジュニアヘビー級王座を戴冠し、90年1月に獣神サンダー・ライガーに改名した。「トップ・オブ・ザ・スーパー・ジュニア」や「スーパーJカップ」などで優勝を飾った他、ヘビー級戦線でも活躍。今年1月の東京ドーム大会で引退後、2020年度のWWE名誉殿堂「ホール・オブ・フェーム」入り。正体は「山田恵一」とされる。現役時は170センチ、95キロ。

獣神サンダー・ライガーの最新ニュース

×