俳優の坂上忍が18日、「NewsBAR橋下」(ABEMA TV)に出演。フジテレビ系「バイキングMORE」のMC時代に受けた〝圧力〟についてぶっちゃけた。

 番組事前アンケートで当時の番組作りについて「圧力はあった」と記述していたという坂上。進行役の高橋茂雄からどういう圧力か尋ねられると「難しいのって、圧力と忖度だと思うんです。僕多くは忖度だと思うんです。僕はテレビ局が弱くなったと思います。放送局の根幹って報道だと思ってるんで、報道が弱くなったと思います」と返答した。

 MCの橋下徹氏から「具体的にプロデューサーかなんかが『こういうことは言わないで』とか?」と聞かれると、「分かりやすく言うと、その場合忖度じゃないですか。言われたことはいくらでもあります。でもそれの場合は、『ああそうですか、はいはい』って聞いてるふりして、生放送で言っちゃえばいいだけなんで」と告白した。

 一方で「でも、ビックリするのが、チーフプロデューサーと総合演出と僕って戦友になってくるんですよね。本当毎日戦いになっちゃうんで。でもそのチーフプロデューサーに、直電かけて『なんちゅう放送の仕方してるんだ。もうやめろ』って。要するに圧力じゃん、それは」と回想。続けて「それは名古屋の河村(たかし)市長ですよ」と打ち明けた。

 スタジオが騒然とするなか、坂上は「ただあの人の場合笑っちゃうんだよね、途中で。もう必死なのよ。むちゃくちゃな事言うんだよ。『何を言ってるんだ君たちは』みたいな感じで。だけれどもそんなこと言われたって逆に屈しちゃダメなんで、『何がダメなんですか?』ってなってくるじゃない。そうすると翌日やる予定もなかったのに、翌日もやることになるわけよ。こっちのエンジンがかかっちゃって」とその直電が〝火に油〟を注いだと説明。

 さらに「そうすると河村さんも軟化するわけよ。『俺もそんなつもりで言ったんじゃない』みたいな感じで。そうやって直接的に言ってくる人もいれば、間接的にっていう団体もある」と経過について語った。

 また「裏で僕に聞こえるように、『あの先生だけは無理なんです』とかってささやく人はいるのよ。まあ、森(喜朗)さんと二階(俊博)さんだけど。本当多かった。やっぱ怖えんだ!と思って」などとも暴露し、高橋から「いい感じでアルコール入ってますねえ!」と賛辞を浴びていた。