立浪氏が野球賭博報道に猛反論「A氏を巨人の選手に紹介した事ない」

2015年10月16日 06時00分

立浪氏は野球賭博問題の一刻も早い解決を訴えた
立浪氏は野球賭博問題の一刻も早い解決を訴えた

 球界を揺るがせている野球賭博問題に関して中日OBの立浪和義氏(46)が本紙に思いの丈をぶちまけた。名古屋の大物OBが巨人・福田聡志投手(32)に野球賭博を勧めたA氏と関係があったとされる一連の報道について猛反論。立浪氏はA氏とは知り合いであるものの、巨人の選手に紹介したことはなく、野球賭博に関しても全く関与していないと断言。その上で、この問題の一刻も早い解決を訴えた。

 ――本紙の野球賭博報道に関して、ちょっと物申したいことがあると

 立浪:ちょっとどころじゃないですよ。中京スポーツ(東スポ)は僕の足を引っ張ろうとしているんですか。

 ――そんなつもりはない。私(記者)はむしろ、ドラゴンズを盛り上げてもらうためにも将来、ぜひ立浪さんに監督になってもらいたいと思っている

 立浪:あんな記事書いといてよく言うね(笑い)。ああやって(名古屋で球界OBが…などと)書かれるとみんなが僕のことだと思うじゃないですか。本当に迷惑なんですよ。僕は全く関係ありませんから。

 ――なるほど。では、お伺いしますが、巨人の福田に野球賭博を勧めたとされるA氏のことは知っていましたか

 立浪:知り合いです。10年以上前に講演会をやった時に知り合った。当時、彼は一部上場の不動産関連会社の名古屋支店長をやっていた。でもそれだけ。会わない年もありました。年に2、3回会うぐらいです。

 ――巨人の選手にA氏を紹介したことは

 立浪:ないです。僕がAを巨人の選手に紹介したことは全くありません。Aは公認会計士になるつもりで不動産関係の会社をやめて大学院に通っていた。その時の関係で巨人の選手と知り合ったみたいです。

 ――A氏が野球賭博と関係していたことは

 立浪:全く知らなかった。野球賭博の報道がされた日かな、Aから電話があった。「どうしたんだ?」と聞いたら「福田にお金を貸していたので返してもらおうと(ジャイアンツ球場に)行ったら、大事になってしまった」と言っていた。Aは「(福田に)お金を貸しただけ」と言っていたけど、報道されているのをみると、そういうことだったんでしょうね。

 ――昨年、名古屋にあるカジノで巨人の選手がトラブルになったのを球界の大物OBが収めたという本紙報道(10日発行紙面)も波紋を呼んだ

 立浪:名前を出してなくても、あの記事を読んだらみんな僕のことだと思うでしょ。

 ――事実は違う?

 立浪:以前Aから「巨人の選手のサインが変な店に飾られている。もしかしたら、そういうところに出入りしているかもしれない」という内容の話を聞いたんです。それで巨人の関係者に電話して「変なところに出入りしていたら、野球できへんようになるから注意しろよ」と言ったんですよ。それだけです。

 ――善意からの行動だ

 立浪:そうです。それなのにあの記事の書き方だと、まるで僕が動いてトラブルを解決したかのように思われてしまうでしょ。

 ――他にも言いたいことがあると

 立浪:今、どこにいってもそういう目で見られるんです。(評論家をしている)新聞社からもどうなのかと話を聞かれたし、テレビ局に行ってもスタッフが置いてある東スポを隠したり、みんなが気を使っている。どれだけ嫌な思いをしてるか…。事実なら何を書かれてもいいです。でも僕は今回の一件とは全く関係ありません!

 ――球界人として今回の野球賭博についてはどう思うか

 立浪:法で禁じられていることはやってはいけない。それは当たり前のこと。今回の件は球界全体に迷惑がかかっている。一刻も早く解決してほしいですね。

 

ピックアップ