中日・京田 新人選手たちに“トランキーロ” の忠告「けがをしたら全部台無しになる」

2022年01月12日 06時15分

ルーキーたちにエールを送った中日・京田(東スポWeb)
ルーキーたちにエールを送った中日・京田(東スポWeb)

 中日・京田陽太内野手(27)が、10日に入寮したばかりの新人6選手に向けて〝焦るな〟の心得を説いた。

 11日はナゴヤ球場で自主トレを行い、ティー打撃やノックなどで汗を流した。新人合同自主トレのスタートが迫っており、一番の注意点として「この時期は焦って、いいところを見せようとしてしまうもの。アピールすることも大事だけど、しっかり自分の体と相談してほしい。けがをしてしまったら、せっかくアマチュア時代から良いものを持って入ってきているのに全部台無しになってしまう」と指摘する。

 昨季は打撃不振でプロ入り5年目にして初めて二軍落ちを経験した京田だが、1年目に141試合に出場し、打率2割6分4厘をマークするなど新人王を獲得し、とにかくけがに強い男としての忠告だ。

 さらに「グラウンドに出たら年齢は関係ない。思う存分、自分の好きなように野球をしてほしい。失敗を恐れずに頑張ってほしい」とハッパを飛ばす。その上で「僕もたくさん失敗してきたけど、先輩がカバーしてくれたので、今度は僕が後輩の失敗をカバーをできるようにしたい。年齢も年齢なので」。面倒見の良い先輩を務めるつもりだ。

関連タグ: