片岡篤史氏「空振りしてよかった」 松坂大輔氏が日本シリーズ解説登場で“名シーン”もリプレー

2021年11月20日 21時55分

松坂大輔氏(東スポWeb)
松坂大輔氏(東スポWeb)

 伝説の空振り三振に悔いなし――。オリックス対ヤクルトの日本シリーズの解説、ゲスト解説に呼ばれたのは中日の二軍監督に就任した片岡篤史氏(52)と23年間の現役生活を終えた前西武・松坂大輔氏(41)の2人だった。

 両者の関係はいわずと知れた1999年4月7日の怪物・松坂のプロデビュー戦(東京ドーム)での記憶に残る対戦の当事者同士ということ。

 高校を卒業してまだ1か月だった若干18歳の松坂が片岡と対戦。インハイへ糸を引くような155キロストレートを投げ込み、尻もちをつくほどの豪快な空振りで三振を奪った平成の野球史に残る名シーンだ。

 この日の試合の合間にもやはり、このシーンがリプレーされ、片岡氏は「今は本当に空振りしてよかったなと思います」と苦笑いを浮かべながら感謝。松坂氏は「自分でいうのもなんですけど、(18歳の自分は)いい球投げてますね」とコメントし解説席で片岡氏に笑顔を返した。

 しかし、この名シーンのリプレイはこれだけで終わらず、試合の終盤で再び伝説の空振りシーンが放送されると片岡氏は「また、行きますか?」とビックリ。

 松坂氏の〝引退特需〟で再び脚光を浴びることになった名シーンの連発に、片岡氏は苦笑いを浮かべながらもまんざらではない様子だった。

関連タグ:
 

ピックアップ