中日 虎の一発攻勢で連勝ストップ…与田監督「四球と本塁打は、守備力では何ともできない」

2021年10月01日 22時22分

9回ダプルプレーでの試合終了に納得いかない中日・与田監督は、リプレー検証を要求したが…
9回ダプルプレーでの試合終了に納得いかない中日・与田監督は、リプレー検証を要求したが…

 中日は1日の阪神戦(甲子園)に2―5で敗れ、連勝が3でストップ。先発・笠原が2被弾を含む5回4安打3四球5失点KOされ、今季初黒星を喫した。打線は5番・福田が2打席連続本塁打を放ったが、奪った得点は福田の挙げたソロ2点のみだった。

 以下は与田剛監督(55)の一問一答。

 ――笠原は立ち上がりはいい形だったが

 与田監督 一番苦しんだのはやっぱりボールカウントが先行したことでは。ボール自体は一つ一つはだんだん良くなってきているが、ボールカウントが先行すると苦しくなる。

 ――大山の先制2ランも甘く入った

 与田監督 甘いからといってもやっぱり2本の本塁打はしっかり打たれている。マルテの本塁打(5回に3ラン)も完全なボールゾーンですけど、あの高さをしっかり持っていかれたというのはまた反省ですけどね。

 ――ボール球が増えた要因は

 与田監督 やっぱりウチもなかなか塁に出られないような状況が続いていたので、1点も与えてはいけないという力みが出たのでは。予想ですけど、これは本人に聞いてみないと分からないけど。そこで丁寧にいこうとしたのがね…。

 ――4回の大島の本塁への盗塁死はタイミングがズレたのか

 与田監督 あれはいろいろ作戦面のことなので。ズレたというよりもそういう戦術の中でのことなので。

 ――打線は福田が2発

 与田監督 素晴らしい2本でしたよ。あの2本は福田らしい本塁打だった。守備もね、大島もそうだし、内野もみんなよく守ってくれた。四球と本塁打は守備力では何ともできないけど、みんなよく守ってくれているので。

関連タグ:

ピックアップ