「お前すげえな!」阪神・金村コーチもド肝抜かれた 開幕投手・藤浪の〝舞台度胸〟

2021年03月30日 05時00分

阪神・藤浪

 阪神・藤浪晋太郎(26)投手が29日、兵庫・西宮市内の鳴尾浜球場で行われた投手練習に参加。ランニング、キャッチボールなどで約90分、汗を流した。

 注目された26日の開幕・ヤクルト戦(神宮)では5回2失点。5四球と制球には苦しんだものの、先発投手としてゲームをつくり、チームの白星発進に貢献した。

 戦況をブルペンから見守った金村曉投手コーチ(44)は「えらい落ち着いてるなと思ってね。『お前すげえな!』って言ったんだよ(笑い)」と藤浪の〝舞台度胸〟に度肝を抜かれたと明かした上で「俺も開幕(投手は)3回くらいやらせてもらったんだけど、どうしたって力むもの。(開幕戦当日の)朝にも『全球力んでいいから』って言ったのに、えらい朝から落ち着いててね。『思ったより緊張しなかったです』って言ってたからね。大したもんだよ」と感心しきりだ。

 藤浪は味方の拙守などにも足を引っ張られ再三の満塁機を招くも、要所で踏ん張る投球を披露。金村コーチも「成長? 間違いないよね。開幕戦のマウンドであれだけできたのは自身にしていい。次にもつながると思う」と右腕のポテンシャルに最敬礼していた。

関連タグ: