阪神・高橋遥が楽天戦で負傷「右脇腹の筋挫傷」と診断

2021年02月17日 18時27分

負傷した阪神・高橋遥人

 阪神・高橋遥人投手(25)が16日に楽天との練習試合に登板した際に右脇腹を痛め、沖縄県内の病院で「右脇腹の筋挫傷」と診断された。全治は明らかにされていないが、当面は別メニューでの調整となる。

 17日に行われた春季キャンプ(宜野座)終了後、報道陣の取材に応対した高橋は「(当分は)ボールは投げられないが、この期間を使って状態を上げられるようにしたい」と語った上で「脇腹を痛めたのは初めて。探り探りですが、バイクやインナートレーニングなどができれば」と前を向いた。

 開幕ローテ入りが有力視されていた貴重な先発左腕の離脱はチームとしても痛手だが、矢野監督は「(高橋は)無理に開幕に合わせなくてもいい。シーズンが終わった時にいいシーズンにしてくれれば」と語った上で「ほかの投手にはチャンスにもなる。競争が激しくなってくれれば」とし藤浪、斎藤らローテ入りを目指す〝当落線上〟投手たちの一層の奮起を願った。

関連タグ: