“宿敵”巨人から新加入の阪神・山本が存在感 「目標は開幕スタメンと規定打席」

2021年02月13日 20時42分

糸原(右)と話す阪神・山本

 阪神・山本泰寛内野手が13日、春季キャンプ(沖縄・宜野座)練習終了後、報道陣の取材に応対。定位置奪取への意気込みを口にした。

 今オフに巨人から金銭トレードで加入した背番号00。タテジマのユニホームも日に日になじんできており「(周囲とも)よくコミュニケーションを取れている。よく話すのは、糸原さんや木浪、北條」と笑顔。指揮官・矢野監督についても「(巨人時代から)思っていた通りの人。裏表がなく熱い方です」とした。

 春季キャンプ中に行われている実戦3試合ではここまで8打数3安打と好成績をキープ。首脳陣からの評価も日に日に上昇しており、矢野監督も「レギュラーを狙える存在」と〝掘り出し物〟の出現に目を細める。

 内野なら全ポジションを守れるユーティリティーが売りの山本だが、便利屋で終わるつもりは、もちろんない。「目標は開幕スタメンと規定打席到達。今のところは結果も出せている。ここから先も長いので、いいアピールがしたい」と腕をぶした。

関連タグ: