【復刻!ノムさんのボヤ記】彼が投げる日は彼と心中する覚悟。本当のエースと言っていい

2020年07月26日 09時00分

監督通算1500勝を達成した野村監督は沙知代夫人から祝福のキスを受けた(2009年4月29日=Kスタ宮城)

【復刻!ノムさんのボヤ記⑤】今年2月11日に亡くなった野村克也さんに感謝と敬意を込め、楽天監督最終年となった、伝説の2009年シーズンのボヤキを一挙公開! 監督通算1500勝を達成したノムさんが明かしたマー君への信頼を物語るエピソードとは…。1年間完全密着で抽出した珠玉のボヤキの数々を、当時を懐かしみながらお楽しみください。

 ◆2009年 4月28日 日本ハム戦(Kスタ宮城)試合前

(1500勝に王手をかけているが)

今日は無理やろ。(先発の)川井(貴志)は2回持つかな。殺風景な顔やろ。アイツにはオーラがない。間違っても幸運の女神は降りてこないな。

 いつからボヤくようになったかって? 選手時代から「ボヤキのノムさん」って呼ばれてたよ。「グチの森(祇晶)にボヤキの野村」ってな。西武の時なんて、ロッカーの隣が田淵だったけど、アイツはキャッチャーなのに全然ボヤかない。だから一度「お前はボヤきたくならないのか?」って聞いたことがある。田淵はただ笑っていたけどな。

 でも「グチの森」とは上手いこと言うなと思ったよ。確かにアレはグチだな。一遍、選手時代に意見を言ってやったことがあるんだよ。ピッチャーが打たれると、森は「オレは外角を要求したのに、内角がきた」って、ベンチに帰ってから監督に聞こえるように言うんだって。そのピッチャーに「本当に外角を要求されたのか?」と聞くと(実際の要求は)インコースだった。だから森に「それは良くないよ。素直にゴメンって謝った方がいい」って注意してやったんだ。オレはそうしてきたからな。まあ、そこがオレとアイツの違いかな。

(試合は予想通り日本ハムに2―4で敗戦。1500勝ならず)

なんか、今日は決断、勇気が出なかったわ。何だろうね。胸焼けのせいかな。ニンニクの食いすぎか。今日は守り負け。楽天チームは防げるミスが解消されていない。

 ◆4月29日 日本ハム戦

(2―1で勝利。田中将大の4試合連続完投で監督通算1500勝達成。試合後、会見場に現れるなり)

 人が少ないな。人数を見れば大した記録じゃないっちゅうことや。(田中とは)何か縁があるんだろうな。縁が深い。そんなことを感じますよ。安定感も出てきて、本当に堂々たるピッチングが出来るようになった。

 彼が投げる時、一回もブルペンの様子を聞きに行ったことがないんだよ。彼が投げる日は彼と心中する覚悟。本当のエースと言っていい。球威も増してコントロールも良くなった。記念のウイニングボール? どうしようかな。しばらく監督室に飾っておくわ。

 今日(本拠地・Kスタ宮城の)満員の観客の中で(1500勝を)達成できた。オレも晩年になって運が向いてきたのかね。まあ今年で終わりだけど。良くなったところで終わりか。あと86勝で(監督勝利数3位の)水原さんに並ぶ? そんな大監督に並べないよ。三原、水原、鶴岡といったら、我々選手時代の大監督。その人たちの上に行っちゃいけない。そんな力はオレにはないよ。そんな諸先輩と比較しないで下さいね。全然格が違うから。水原さんの一歩手前まで行くよ。

 ◆4月30日 日本ハム戦。試合前

(前夜、沙知代夫人からほっぺにキスの祝福を受ける写真が紙面を飾ったことに)

 普通は逆だわな。こっちがするんだよ。あれは家庭の事情だ。夫婦関係が表れとる。どういう風の吹き回しか、古田から花が届いてたよ。年賀状も寄こさないヤツが…気持ち悪いな。まあ少し世の中が分かってきたんじゃないの? 

(田中将大が右肩の張りで登録抹消)

 ついに〝岩隈病〟のまん延だよ。中6日も休むと弱くなると思うんだよ。練習じゃ全力投球なんてしないんだからさ。それで中6日も休む。そりゃあ筋肉もたるむわな。休みすぎは良くないし、休ませなさすぎも良くない。やっぱりアメリカの考え方が正しいんだよ。なんで中4日がいいかって、毛細血管だって。投げるたびにどこかの毛細血管が切れるんだって。それが修復するのに4~5日かかるらしい。何十年か前にメジャー関係者からそういう説明を受けた。まあ体が弱いよ。

 ◆5月1日 オリックス戦(Kスタ宮城)試合前

 随所に女運が悪いのを感じるな、どこ行っても。クラブに行って「こっちの子の方がいいな」と思っていると、必ずといっていいほど「こっちはイヤだな」と思っている方の子が来る。勘弁してくれよ、と。思うようにならん。どこ行ってもそうや。全然寄りつかんよ、気に入った子は。人生と一緒だよ。自分好みの女を連れて歩いている男を見ると蹴飛ばしたくならんか? 

(試合はオリックスに12―2で大勝し、3連勝)

 咲いた、咲いた、白星咲いた。今シーズン最多安打(実際は最多得点)だって。見事な集中攻撃。これ以上、コメントありません。(3勝目を挙げた)永井がウイニングボールをくれた。「いらん」って言ったんだけど。オークションにでも出すか。何か記念になる一筆でも書いて。いくらで売れるかな。売れたらどこに寄付しようかな。奥さん? いらないよ。いっぱい持ってるもん。せっせと働いたものをみんな吸い上げているんだから。

 ◆5月2日 オリックス戦。試合前

(1500勝のお祝いに「高須クリニック」の高須院長から植毛1500本プレゼントという本紙記事を受け)

 1500本ってどのくらいのボリュームになるかだよな。それにオレは前(高須院長が勧める前頭部)じゃなくて後ろにほしいんだよ。(高須院長から電話は)女房にあったみたいだけど。

(試合はオリックスを7―3で下し、4連勝)

 今日も出ました集中攻撃…あれだけやな。(パ・リーグ15勝一番乗り)あと60勝、先は長い。一日一日、一試合、一試合積み上げて行きましょう。

 ◆5月3日 オリックス戦

(試合は8―4で勝利し、5連勝。貯金は球団最多の7)

 5連勝か。それより同一カード3連勝の方が大きいよ。この1勝は非常に大きい。春の珍事は長い方がいい。3か月くらい続いてくれないかな。

◆5月4日 西武戦(西武ドーム)試合前

(西武球団関係者があいさつに訪れると)

 やっと(ベンチ裏の長い階段に)手すりついたな。今度はエスカレーターをつけてくれよ。あの階段はつらいぞ。109段あるんだよ。手前が72段、残り30数段からきつくなるんだ。オレ、数えたんだよ。

(試合は3―8で敗れ、6連勝ならず)

 こんなもんでしょ。チャンピオンズチーム相手に失礼なピッチャー(川井貴志)を使って申し訳ないですよ。台所が苦しいからな。嘆いてもしょうがないけど、いないもんはいない。この3連戦はマー君の故障がこたえてるよ。

〈毎週日曜「東スポWeb」掲載〉