慶応「若き血」早稲田「紺碧の空」誕生秘話

2020年04月19日 11時00分

【ネット裏・越智正典】ことしは慶応の応援歌「若き血」がデビューしてから93年、早稲田の「紺碧の空」誕生89年である。

 昭和2年6月、委員長に小泉信三が就任して、早稲田の校歌「都の西北」を歌いまかそうと、三田に新応援歌制定委員会が発足した。が、これだ! という歌が出来ない。学生委員が文学部長川合貞一、音楽史の野村光一に相談した。野村が断言した。「作れるのは堀内敬三さんしかいません」

 堀内敬三は浅田飴本舗の創業者、堀内伊太郎の三男で、ミシガン大学機械科からマサチューセッツ工科大学に進学したが音楽の魅力につかまった。合唱団にも入った。帰国後、頼まれて愛宕山時代のNHKの「西洋音楽」担当の嘱託になっていた。

「予科会を代表して参りました」。堀内が纐纈(こうけつ)忠行、矢部勝昌、山田有三の真剣な願いに肯いたのは11月5日予定(当日は雨、翌6日快晴)の早慶1回戦の18日前のことだった。歌詞は繰り返して歌えるように一番だけにした。曲は歌いやすいように2拍子(都の西北は4拍子)。纐纈らが塾内を走った。幼稚舎、普通部、商工学校では、授業の音楽の時間に若き血を教えた。

 昭和2年11月6日「若き血」は神宮球場でデビューした。慶応は早稲田を6対0で破った。2回戦も3対0。新聞は書いた。「天も裂けよ、地も砕けよとばかり 慶応の歌つぶて」

 早稲田は腰を抜かさんばかりに驚いた。それまでそれ行け! と木刀を振りかざすのが応援団長で団長が何人もいた。爆裂団長と名乗る男もいた。これでは慶応に勝てないと全学部の組委員が新応援団を結成。昭和6年4月22日に総会を開いて団長に後輩思いの溝口五郎を選出。万事悠然としている幡野博一を顧問に迎えた。

 新応援歌を作ることになった。カネがないので歌詞は学内募集に決まった。高等師範部国漢科本科(文学部)3年住治男(東京府立四中)の「紺碧の空」が当選(文学部講師西条八十選)。住は母一人子ひとり。<家に入れば除夜の灯火母ひとり>とよんでいるが、からだが弱く、投げ打ち、走る、友だちが好きだった。卒業、岩波書店に就職したが胸を病み、昭和13年に療養所で逝く。

 作曲を頼むのにはカネがいる。会計係、のちに拍手の名リーダーになる伊藤戊(安積中)が「心配ないよ。古関勇治(本名)という男が東京に来ている。きっと引き受けてくれる」。世田谷の家に頼みに行った。

 同行した新応援団の男たちは後年「古関さんの家の玄関にハーモニカがあった」「いやオルガンだった」と回想しているが、そうだったとしたら、ハーモニカではなかったかと思える。県立福島商業卒業後、福島ハーモニカソサイティーに入会。編曲に恵念。ふるさとを忘れなかった。

=敬称略=(スポーツジャーナリスト)