WBA世界バンタム級タイトルマッチが24日、東京・両国国技館で行われ、王者の井上拓真(28=大橋)が同級9位ジェルウィン・アンカハス(32=フィリピン)を9回44秒KOで破り、初防衛に成功。拓真の兄でスーパーバンタム級4団体統一王者の尚弥(大橋)も、弟の勝利を喜んだ。

 ベルトを持って弟とともに入場し、コーナーに陣取ってサポートした尚弥。これまで19勝中KOがわずかに「4」だった弟が成長を見せた快勝に「きっかけとして変われる内容だった。攻撃を強めてディフェンスをしようと強めに言っていた。攻撃は最大の防御、今日はそういう試合だった」と絶賛した。

 自身は圧勝を量産する一方で、拓真は兄と比較の目にさらされる苦悩もある。尚弥は「メンタルが強い。メンタルが弱かったらやってられないですよ」と、この世で1人しかいない境遇で戦う弟を思いやった。