ボクシングのWBC世界バンタム級タイトルマッチが24日、東京・両国国技館で行われ、挑戦者で同級1位の中谷潤人(26=M・T)が王者アレハンドロ・サンティアゴ(28=メキシコ)を6ラウンド(R)KOで破り、無敗で3階級制覇を達成した。

 サウスポーで身長172センチの中谷がうまく距離を取り、終始試合を優位に進めた。1Rからガードの上から左ストレートを当てる。冷静なまま2Rも左ジャブと左ストレートを当てて、4Rに左右の3連打を浴びせる。6Rに渾身の左ストレートでダウンを奪い、そのままラッシュを仕掛けて倒し切った。

 元5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)に勝ってベルトを手にした王者を圧倒し、3階級制覇を達成。リング上で、中谷は「この試合に向けて、(合宿先の)ロサンゼルスで死ぬ思いで頑張ってきた。サンティアゴが戦ってくれたことを感謝したい」と笑顔を見せた。

WBCのベルトに笑顔の中谷
WBCのベルトに笑顔の中谷

 同ベルトを12回連続で防衛した元プロボクサーの山中慎介氏(41)や、2階級4団体統一を達成した〝モンスター〟井上尚弥(30=大橋)が収めたベルトを手に入れた。中谷は「WBCのバンタム級は、すごい日本人のチャンピオンが手にしてきたベルト。それを手にしてすごく気が引き締まる思いです」と喜びを爆発させた。

 最後に、会場に詰めかけた観客に向けて「皆さん、今日バンタム級での勝利を期待してくれましたか。皆さんの期待に応えられるような熱いファイトをしていきたいので、これからも応援よろしくお願いします」と呼びかけた。