ボクシングのWBA世界バンタム級タイトルマッチが24日、東京・両国国技館で行われ、王者の井上拓真(28=大橋)が同級9位ジェルウィン・アンカハス(32=フィリピン)を9回44秒KOで破り、初防衛に成功した。

 世界戦では自身初のメインイベントで、IBF世界スーパーフライ級王座を9度防衛した「過去一」というサウスポーの強敵を迎え撃った拓真。距離をとって踏み込んでのワンツー、接近戦でのボディーなど相手の戦法の変化に冷静に対応して、カウンターなどを打ち込んでいった。

 そして、強敵を崩し切れずに試合が進んで迎えた9回に勝機到来。接近戦での打ち合いの中で右ボディーを突き刺してダメージを与え、右ボディーの追い打ちでついにダウンを奪う。うずくまったアンカハスは立ち上がれなかった。

 強敵を乗り越えた拓真はリング上で涙。「試合当日まで不安でいっぱい。勝てるか負けるか分からない極限の状態で練習してきた」と安どした。これまでKO勝ちはわずかに4。見せ場を作っての勝利に「判定続きでお客さまも退屈したと思いますし、変わったところを見せられて最高です」と満足感をにじませた。

 この試合の前には中谷潤人(M・T)がWBCの同級王座を獲得。他にも同級には那須川天心(帝拳)、同門の武井由樹ら国内にライバルがひしめく。今後へ向けて「日本でバンタム級が盛り上がってますけど、頂点に井上拓真ありというのを見せたい」と意気込んだ。