フィギュアスケート女子で2018年グランプリ(GP)ファイナル覇者の紀平梨花(21=トヨタ自動車)に、多くのファンから励ましのメッセージが寄せられている。

 今シーズンの紀平は試合に出場せず、直近数シーズン悩まされてきた右足首のケガの治療に専念。「来シーズンは、まず健康、そしてパフォーマンスも完全に復活し、全力でトップを目指していけたらと思っております。目指すは2026年ミラノ(コルティナダンペッツォ)五輪。これからも引き続き応援、見守っていただけるとうれしいです」などと抱負を述べていた。

 そんな中、10日までに自身のSNSを更新。動画とともに「先日、屋外リンクに行ってきました。イルミネーションが素敵でした」と近況を報告した。

 この投稿に対し、多くのフォロワーが反応。「滑れているようで何よりです。ケガを完治して、またリンクに帰ってきてくださいね」「梨花ちゃんがスケートリンクにいると少しホッとします!!久しぶりにお顔も見れてうれしいです」「元気な姿が見られてうれしい。応援しています。頑張れ紀平ちゃん」などの声が上がっている。