ジャーナリストの岩田明子氏が読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」に出演した。

 番組では、自民党の最大派閥・安倍派がパーティー券の収入の一部を所属議員にキックバックし、その総額が1億円を超えるとみられることを報じた。関係者によると安倍派にはパーティー券の販売ノルマがあり、ノルマを超えた議員に収入の一部をキックバックし、総額は直近5年で1億円を超えるとみられている。また、安倍派では収支報告書に記載していなかった可能性もあるとして、東京地検特捜部が政治資金規正法違反容疑などでの立件も視野に調べを進めていることも報じた。

 岩田氏は「予算委員会で岸田首相は『宏池会は訂正はなかったと報告を受けています』『他派閥の政治団体は、独立して会計を行っているので、責任を持って説明をすべきだ』と述べましたが、まさに派閥を離脱していない総理の言葉だなって感じた」と感想を述べた。

 続けて「自民党の総理総裁であれば、自らが全面に出て行って全ての派閥において調査をして、膿があるのであれば徹底的に膿を出すと、なぜ言わないのか」と苦言を呈した。