オリックスの〝敦賀気比軍団〟が、国内FA権を行使した広島・西川龍馬外野手(28)への思いを明かした。

 西川は在籍8年で打率2割9分9厘の成績を残し、今季は故障による離脱もあったが、リーグ2位の3割5厘をマーク。

 西川の敦賀気比の後輩にあたる山崎颯一郎投手(25)は「オフには食事に行って、話したりもします」としつつ、「一流のバッターからいろいろ聞けるというのは勉強になりますし、貴重な材料になると思います。すごいバッターなんで、またチームが強くなるんじゃないかなと思いますし、一緒に4連覇を目指したいです」と期待を込めた。

 チームは山崎颯、山田、さらには広島を戦力外となった木下を獲得し、敦賀気比の選手がそろう。また、昨季までは現レッドソックスで、敦賀気比出身の吉田正も在籍していた。山崎颯は「気比が一気に増えますよね。(敦賀気比軍団が)活躍できるようにがんばりたいです」と力を込めた。

 さらに、山田も「高校時代の監督も『こいつは天才や』と言っていたんですが、本当にそのまんまで、バッティングがすごいと思いますし、一緒に頑張りたいです」と目を細めた。

 今季は外野手のレギュラーが定着せず、西川の加入はチームにとって起爆剤となることは間違いない。さらにはエース山本のMLB挑戦、今季10勝を挙げた山崎福のFA移籍の可能性もあり、4連覇を目指すチームにとって大きな存在となりそうだ。