フィギュアスケート男子で五輪2連覇を達成したプロスケーター・羽生結弦(28)は、各所で抜群の存在感を際立たせている。

 かねて羽生をサポートするANAは、オフィシャルグッズ第5弾の販売を1日午前10時にスタート。多数のファンが購入を希望したことから、同社の担当者は「ANA公式ECサイト(A―style及びANA Mall店)では、対象全商品(キーホルダー、巾着、ポーチ)が午前中のうちに、ご用意した分が完売しました」と明かした。そのため、1日夕方には早くも追加発注分の販売も開始となった。

 @SKY(搭乗者限定ECサイト)でも申し込みが殺到。ただ、ANA側もこれらの出来事は想定済みだ。同担当者は「やっぱり羽生選手の商品は毎回人気があるので、初日からたくさんの方がお求めになっています。ありがたいです」と感謝しきりの様子。1人でも多くのファンの手元にグッズが届くように、各所で調整を進めているという。

 1日には自身初ツアーとなる単独アイスショー「Yuzuru Hanyu ICE STORY 2nd 〝RE_PRAY〟 TOUR」の開催を発表。「正しさも、間違いも、悲しみも、孤独も、祈りも、自分の魂を込めて、言葉たちとスケートで紡がせていただきます」などとコメントを寄せた。

 プロ転向2年目を迎えても、周囲を驚かせる影響力は健在だ。