参政党が28日、国会内で会見し、神谷宗幣副代表がれいわ新選組の山本太郎代表に関して、誤認した発言があったとして、謝罪した。

 今月25日に新潟で行われた参政党の街頭演説で、同党のアドバイザーを務める吉野敏明氏がワクチンの話題に触れた際、「国会で太郎がつく山本という人がいるでしょ。あの人だって、打て、打てって言っていた」と発言していた。

 神谷氏は「れいわの方々から、そんなこと(ワクチンの積極接種)を言っていないとの抗議の連絡が多数来た。私の認識でも言っておられたことはなかったし、調べても実態もなかった。これは勘違い、誤認であると。本日、本人(吉野氏)は参加できていないので、本人に代わって、謝罪、訂正させていただきたい」とおわびした。れいわ側には事前に謝罪する旨を通告したという。