中日が28日のDeNA戦(バンテリンドーム)に1―3で敗れ連勝は3でストップ。0・5ゲーム差の5位・ヤクルトがこの日の広島戦で敗れていたため勝てば5位浮上だったが、最下位脱出とはならなかった。

 3点差を追う9回に見せ場がやってきた。二死一、三塁から石川昂が投手強襲の内野安打を放ち、1点を返した。なおも二死一、二塁で打席には5番・ビシエド。一発出ればサヨナラという最高のシチュエーションにドームは大盛り上がりとなったが、2―0から外角へのスプリットに手を出し二ゴロ。スタンドはため息に包まれた。

 先発・高橋宏は4回まで許した走者は1人だけ。しかし5回、2本のヒットとビシエドの悪送球などで二死満塁とされると1番・佐野に押し出し四球。続く関根にも左前2点適時打を許し、この回3点を失った。

 6回3失点でマウンドを降りた高橋宏は「しっかり反省して次の試合にいかせるように頑張ります」とコメント。これで4月15日の巨人戦から6連敗となった。