WBCを戦う侍ジャパンに選ばれた巨人・戸郷翔征投手(22)が直前合宿での宮崎の盛り上がりを期待した。

 宮崎キャンプ最終日となった14日、戸郷は予告していたブルペンに入らずキャンプを打ち上げた。投手キャプテンとして三本締めを行った右腕は「だいぶ充実した宮崎キャンプになりましたし、天気も良くて本当にいいキャンプがおくれました」とニッコリ。

 このまま戸郷はチームを離れ侍ジャパンの宮崎合宿に入る。宮崎・都城市出身の右腕は「宮崎が活性化してくれるとよりよいものになる」と侍フィーバーを願った。

 今後はWBC球への対応が課題になる。「やはり指の掛かりがNPB球の方がかかりますし、WBC球の方が変化球が曲がったりとか、いろいろと学べることがたくさんあったので、それを今後の野球人生に生かしていきたい」と右腕は腕をぶした。

 栗山監督からは第2先発、中継ぎとフル回転を期待されている。「何も変わらず。僕の思っている調整法でできると思う。変化を加えるとシーズンがキツくなると思う。WBCが先ですけど、しっかりと先発調整をしながらやっていければ」と戸郷に迷いはない。地元の声援を背に世界一の舞台に挑む。