大坂なおみが全米OP前哨戦で白星 約2か月ぶり実戦復帰に笑顔

2022年08月03日 12時53分

大坂なおみ(東スポWeb)
大坂なおみ(東スポWeb)

 女子テニスで世界ランキング41位の大坂なおみ(24)は2日(日本時間3日)、シリコンバレー・クラシック(米カリフォルニア州)シングルス1回戦で同51位の鄭欽文(中国)を6―4、3―6、6―1で下し、5月の全仏オープン以来の公式戦を白星で飾った。

 笑顔の復帰戦だった。時速190キロ近いサーブを披露した大坂は第1セットを先取。第2セットは落としたものの、明るさを失うことはなかった。最終セットは5ゲームを連取するなど主導権を譲らず、初対戦の19歳を圧倒。試合を通して楽しんでいるような表情が目立った。

 全仏オープンは1回戦で敗退。左アキレス腱を痛めた影響でウィンブルドン選手権は欠場し、ケガの回復を優先させてきた。また、先月にはウィム・フィセッテ氏とのコーチ契約を解消。現在は暫定的に父フランソワさんの指導を受けている。

 全米オープン(29日開幕、米ニューヨーク)前哨戦で上々のスタートを切った大坂が再び世界のトップを目指す。

【関連記事】

関連タグ: