入国問題のジョコビッチが虚偽申告で投獄される可能性 最大で懲役1年も? 英紙報道

2022年01月12日 18時45分

ノバク・ジョコビッチ(ロイター)
ノバク・ジョコビッチ(ロイター)

 男子テニスの世界ランク1位で全豪オープン(17日開幕)出場のため豪州へ航も入国を拒否されているノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、ビザ申請書類の虚偽申告によって投獄される可能性が出てきた。

 ジョコビッチが新型コロナウイルスのワクチン接種を拒否したためオーストラリア政府が入国を拒否した今回の騒動。その後、ジョコビッチが5日に豪州入りした際に入国審査のため提出したビザ申請書類で、「オーストラリア渡航前14日間で旅行しましたか」という質問項目で実際は他国への渡航歴があったにもかかわらず「いいえ」と回答した虚偽申告が明るみに。現在、オーストラリアの国境警備隊が調査に乗り出しており、新たな騒動を引き起こしている。

 そうした中、英紙「サン」は「ジョコビッチは、オーストラリアに飛び立つ前に旅行したことが明らかになった。彼が申請フォームに嘘をついたことにより、刑務所に入る可能性がある」と報道。

 同紙は「内務省は、政府に対して〝虚偽または誤解を招く情報〟を与えることは、懲役刑の可能性がある〝重大な犯罪〟であると警告している」と指摘。入国書類における虚偽申告は「有罪判決を受けた場合、最大で12か月の懲役刑だ」と同国では定められており、投獄される可能性があるという。

 テニス界のスーパースターがまさかの刑務所行きとなるのか。懲役刑となれば母国セルビア側も黙ってはおらず、両国間の外交問題となることは必至だけに今後の行方から目が離せなくなってきた。

関連タグ: