【競泳】終戦の瀬戸大也「ムカつきます」発言炎上で携帯見なかったと告白

2021年07月30日 16時40分

瀬戸の五輪はメダルなしに終わった

 東京五輪競泳男子200メートル個人メドレー決勝(30日、東京アクアティクスセンター)、瀬戸大也(27=TEAM DAIYA)は1分56秒22の4位に終わり、メダルまであと一歩届かなかった。

 出場全種目を終えた瀬戸は今大会、ネット上の批判的なコメントに対して「いろいろなことを言われてムカつきますけど」と発言し、炎上する事態となった。

 ただ、瀬戸は「きっかけを作ったのも自分ですし、気にしてしまいます。でも、2バタ(200メートルバタフライ)の後から、ほぼ携帯は見ずに自分に集中しようと。現実で見えている人だけの言葉をプラスにしようと思った」と振り返る。

 3種目でメダルを獲得できず「結果を出せなかったことによって、結果を出せたときよりも(パリ五輪に向けて)これからの3年間、また苦しい生活になってくると思う」と話す瀬戸。それでも「そういうところもしっかりと食らいついて生きていきたいですし、頑張っていけば今回よりもいい結果を出せると思う。そういうのも受け止めながら、食いしばって頑張っていきたいと思います」と前を向いた。

関連タグ: