ゴルフ界21歳の新怪物・中島啓太 国内ツアーに続き「アジアアマV」の快挙で世界が絶賛

2021年11月06日 22時50分

新たな勲章を手にした中島啓太(東スポWeb)
新たな勲章を手にした中島啓太(東スポWeb)

 男子ゴルフの「アジア太平洋アマチュア選手権」の最終ラウンドが6日にアラブ首長国連邦(UAE)のドバイクリーク・クラブ(パー71)で行われ、中島啓太(21=日体大)が通算14アンダーからプレーオフを制して優勝を果たした。

 中島は9月の「パナソニック・オープン」で国内男子ツアー史上5人目のアマチュア優勝を遂げ、日本のアマゴルフ界で新怪物の呼び声も高い超有望株。「アジアアマ」での日本勢の優勝は2010、11年を連覇した松山英樹、18年の金谷拓実に続いて史上3人目の快挙となった。

 今回の優勝により中島は来年の「マスターズ」と「全英オープン」の出場権を獲得した。中島のプレーぶりには世界からも称賛が集まっている。米国の放送局「NBC」でゴルフを担当するブレントリー・ルーマイン氏は自身のツイッターで「中島は間違いなく(アマの)世界ランキング1位だ。なんて素晴らしいパフォーマンスなんだろう! 彼は『マスターズ』の出場権を得た!」と絶賛。日本ゴルフ界の新怪物に大きな注目が集まりそうだ。

関連タグ:

ピックアップ