【全英女子オープン】渋野は初日5オーバー71位も「久々に思い通りに振れた」 日本勢トップは奈紗&敏京の33位

2020年08月21日 05時00分

2日目以降への手応えをつかんだ渋野

 女子ゴルフの今季メジャー初戦「AIG全英女子オープン」初日(20日、ロイヤルトルーンGC=パー71)、渋野日向子(21=サントリー)は76で回り、5オーバーの71位発進となった。首位はエイミー・オルソン(28=米国)で4アンダー。

 4番パー5でトリプルボギーを叩くなど、出だし5ホールで6オーバーと苦しん渋野だが、その後はティーショットが安定。「郵便切手」と呼ばれる小さなグリーンが特徴の8番パー3で初バーディーを奪って折り返すと、後半は2バーディー、2ボギーでまとめた。

 ティーショットについては「リズムだけ気を付けていたのが良かったと思います。久々に思い通りに振れて、後半はほぼフェアウエーでした」と本人も手応えを感じている様子。「グリーンの外からパターを使ってパーをセーブできた」と初のリンクスで予選落ちを喫した先週からの成長も口にした。

 日本勢では畑岡奈紗(21=アビームコンサルティング)、野村敏京(27)の3オーバー、33位が最上位。河本結(21=リコー)と上田桃子(34)が4オーバーの51位で続いている。