【陸上】東京五輪マラソン代表・大迫傑が鈴木健吾の日本新記録に刺激「モチベーションになる」

2021年02月28日 17時15分

大迫傑

 東京五輪男子マラソン代表の大迫傑(29=ナイキ)が28日、自身のツイッターを更新し、びわ湖毎日マラソン(滋賀・皇子山陸上競技場発着)で優勝した鈴木健吾(25=富士通)を祝福した。

 鈴木は、この日大迫が持っていた日本記録(2時間5分29秒)を33秒上回る2時間4分56秒の日本新記録でフィニッシュ。日本人史上初の4分台を叩き出した。

 大迫は「鈴木健吾くん、関係スタッフの皆様日本記録おめでとうございます!設楽(悠太=29、ホンダ)に日本記録を更新された時もそうだけど悔しく思うし、もっと僕も頑張らないと!とモチベーションになります!」と心境を明かした。

 大迫の日本記録更新時には1億円が授与されたものの、報奨金制度はすでに終了。「今回は報奨金が出ずに残念」としながらも「何か力を合わせて日本陸上界の為に出来ることを考えていきたい!健吾くんが何も求めるかによるけど、僕らにも出来ることは沢山あると思う」とつづった。

関連タグ: