新会長候補・橋本聖子五輪相のスネに傷 高橋大輔に“泥酔キスアタック”の過去

2021年02月12日 16時17分

橋本聖子五輪相

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)の後任問題が大パニックだ。

 11日の段階では、森会長から直接要請を受けた日本サッカー協会相談役の川淵三郎氏(84)が会長職を受諾。ところが、12日になって政府をはじめ関係各所から「密室人事だ」「なんで不祥事で辞める森会長が後任を決めるんだ」「(川淵氏が言い放った)森会長が相談役として組織委にとどまるのは問題」と批判が集中し、一転して〝川淵案〟は白紙となった。

 そこで候補として名前が挙がっているのが橋本聖子五輪相だ。

「夏冬7度の五輪に出場した橋本氏は〝五輪の申し子〟。何より森会長の女性蔑視発言で海外から厳しい目で見られる中、女性が新会長になれば、日本は自浄作用があるというわかりやすいアピールになる。可能性はあるでしょう」(五輪関係者)

 だが、橋本氏の組織委トップは〝激ヤバ〟とする声が上がっている。

「問題なのは、2014年のソチ五輪の時に、当時日本スケート連盟会長だった橋本氏が、フィギュアスケート男子の高橋大輔にキスを強要したと『週刊文春』に報じられたことです。思いっきりディープキスしている写真も掲載され『セクハラ』『パワハラ』と大批判されました。結果的に不問に付されましたが、組織委のトップはIOC(国際オリンピック委員会)と直接やりとりする立場。五輪相とは全く異なり、海外メディアもどんどん報じる。ジェンダーの問題が焦点となる中、これが掘り出されたら東京大会は完全に終わる」(大会関係者)

 12日、森会長は組織委の理事会・評議員会の合同懇談会の冒頭で辞任を正式に表明した。今後、組織委は後任会長選定方法を決める委員会を設置する方針というが、イバラの道に変わりはなさそうだ。

関連タグ: