【欧州CL】アトレチコサポーターがマンCグアルディオラ監督を放送禁止用語〝大合唱〟で侮辱

2022年04月14日 16時09分

試合後ファンに感謝するアトレチコのイレブン(ロイター)
試合後ファンに感謝するアトレチコのイレブン(ロイター)

 欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第2戦(13日=日本時間14日)のマンチェスター・シティー(イングランド)―アトレチコ・マドリード(スペイン)戦で発生した〝侮辱合唱騒動〟が波紋を呼んでいる。

 マンチェスターCが0―0の2戦合計1―0で勝ち上がった試合は、 イエローカードが10枚も出る大乱戦となり、試合後にも両軍選手が乱闘するなど大荒れの一戦となったが、ジョゼップ・グアルディオラ監督に対する侮辱騒動まで起きていた。

 英紙「インデペンデント」で編集責任者を務めるミゲル・デラニー氏が現地取材の様子を自身のSNSに投稿し「スタジアム全体が『ペップ・グアルディオラは売春婦の息子』と歌う」と伝えた。ホームのAマドリードサポーターがグアルディオラ監督を侮辱する言葉を大合唱したというのだ。

 相手を中傷する放送禁止用語だけに、ネット上では「なんて恥ずかしい行為なんだ」「たわごと、狂気、凶悪犯」などとAマドリードのサポーターを批判する声が続々と上がった。

 近年のサッカー界では侮辱や中傷などを厳しく取り締まっており、最近ではスペイン1部エルチェの元アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレが試合中に同じ言葉を吐いて4試合の出場停止処分が下ったばかり。今回はスタジアム全体で大合唱する愚行だけに、今後クラブに対して罰が科される可能性も出てきそうだ。

関連タグ: