【欧州リーグの日本人選手・13日】好機逃した南野に非難殺到「衝撃的なミス」と英メディア

2022年01月14日 12時26分

リバプール・南野(ロイター)
リバプール・南野(ロイター)

【イングランド】リーグカップ準決勝第1戦で日本代表MF南野拓実(26)の所属するホームのリバプールが、同DF冨安健洋(23)のアーセナルと0―0で引き分けた。南野はフル出場、右ふくらはぎ痛を抱える冨安はベンチ外だった。

 南野は試合終盤に決定的なシュートチャンスを迎えるもタイミングを合わせらず、得点できなかったことに地元メディア「This is Anfield」は「南野拓実の衝撃なミス」と報道。英紙「デーリー・スター」は「史上最悪の失敗」と酷評。英紙「デーリー・メール」は「ファンの怒りを買った。ひどいミスのため、ソーシャルメディアで非難されている」と報じた。

 実際にSNSなどにはリバプールファンとみられる人たちから「5メートル先のゴールを一体どうやって逃しますか。外すよりも得点する方が簡単です」「貧弱なテクニックだ」「南野を評価したことはない」など、失態を責める書き込みが相次いだ。準決勝第2戦は20日に行われるが、汚名返上なるか。

【イタリア】イタリアカップ5回戦で、ACミランは1―1から延長戦の末、ジェノアに3―1で勝利し、ベスト8進出を決めた。

【ポルトガル】ポルティモネンセのMF中島翔哉はポルトガルカップ戦準々決勝アフラ戦に先発し、0―2で迎えた前半31分にパスを受けると右足を振り抜き、〝技あり〟のゴールを決めた。中島は後半30分までプレーし、チームは2―4で敗れた。

関連タグ: