J1浦和 サポ声出し応援で罰金2000万円「補強費が減る」「声出しした奴が払え」と怒りの声

2022年07月26日 19時21分

心強いサポーターのはずが…(東スポWeb)
心強いサポーターのはずが…(東スポWeb)

 Jリーグは26日、J1浦和に対して、サポーターによる違反行為があったとして、けん責と罰金2000万円の処罰を科すと発表した。

 浦和は5月21日の鹿島戦前にサポーター数百人が浦和のチームバスの到着前後に約10分間で声を出して応援。「マスク着用」が求められる中で、一部のサポーターが着用せず、新型コロナウイルス感染症対応ガイドラインに違反。7月2日のG大阪戦では一部のサポーターが試合中に応援歌を熱唱し、処分が科せられた。

 この処分について、浦和の公式ツイッターには「声出しした人達で出してほしいです。そういう人たちに限ってこういう時は黙るんだろうけど」「安くはない制裁金だ 強化費が削がれることを考えると痛い こんなことが続けばクラブは弱体化していく これではサポートにならん」との声が書き込まれた。

 さらに「2000万もあれば、選手に年俸上乗せできたのか、補強の助けになったのか、考えると悔しい」「違反したサポーターは『これから気をつけましょうね!』だけなんですか?? もっと厳しくするべきです!!! ルールを守っているサポーターの観戦費、グッズ代から罰金が支払われてるなんて酷すぎる!!」などの意見も記されていた。

関連タグ: